映画イットそれが見えたら終わりはNetflixで配信ある?無料視聴できるのは?

洋画

Netflixで映画イットを見ようと思ったんですが、

意外にもNetflixでイットは配信終了して見れない状態でした。

 

なんとしても映画イットを見たくなって

Netflix以外の配信サイトでも配信がないかを調べてみました。

 

調べてみた結果、映画イットをお得に視聴できるのがあったので、

ここで見たい方へ紹介したいと思います。

 

映画イットそれが見えたら終わりはNetflixで配信ある?無料視聴できるのは?

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』予告編

残念ながらNetflixで映画イットは配信終了して見れない状態でした。

Netflix以外の動画サイトでの配信がないかを見てみました。

 

Netflix他映画イットを配信してる配信サイト

サービス 配信状況 無料トライアル
30日間
31日間
2週間
2週間
レンタル 30日間

※これは2021年3月の時点の配信状況です※

 

Netflix以外の動画サイトで映画イットを配信してるのは、

AmazonプライムとTSUTAYAが配信していました。

 

Amazonプライムが有料のレンタル作品で課金が必要です。

 

TSUTAYAなら初回利用者に1,100円分のポイントと30日間の無料トライアルがもらえます。

このポイントを使えばイットは無料で見れました。

 

無料トライアル中に解約した場合には料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日間無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

映画イットの配信はNetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料トライアル
  • 映画・ドラマ・アニメ作品を豊富に配信
  • いつでも解約OK!
  • どのジャンルも配信数は国内トップクラス
  • イットを無料視聴できる
  • スマホ・PC・タブレットOK

TSUTAYAでは映画イットが無料視聴できます。

 

TSUTAYAには30日間の無料トライアルも用意されているので、

30日間以内なら無料で利用することができます。

 

映画・ドラマ・アニメ作品の配信数は国内でもトップクラスなので、

無料トライアル中にも映画イット以外の作品も楽しめます。

 

TSUTAYAのサービス内容を試す意味でも、

無料トライアルを使って映画イットを見てみると良いでしょう。

 

 

TSUTAYA30日間無料お試し

 

TSUTAYAで配信中の新作映画

  • ミッドウェイ
  • ミッドサマー
  • TENETテネット
  • ワンダーウーマン
  • スターウォーズ
  • 新感染半島
  • アーカイヴ
  • ジョンウィック3
  • 魔女がいっぱい

この他にもTSUTAYAでは多くのアニメ・映画やドラマの配信を行っています。

見放題の作品も多いので、無料トライアル中にも無料で見ることができます。

 

TSUTAYAでは、Netflixなどでは配信してないアニメ作品や、

見放題の作品も多数扱っているので、見れるだけ楽しんで見るのも良いですね。

 

初回登録で1,100円分のポイントがもらえて、

ポイントを利用すれば新作の有料作品も無料視聴ができます。

 

TSUTAYA30日間無料お試し

 

Netflixで映画イットの配信予定は?

Netflixで映画イットの配信予定を調べたんですが、

いまのところNetflixでの配信終了して、次の配信予定はありませんでした。

 

Netflixにはリクエストできる機能があるので、

Netflixで映画イットを見たい方は、リクエストしてみると良いでしょう。

Netflixのリクエストページ

 

映画イットはNetflixで配信終了!見れない

残念ながらNetflixで映画イットの配信終了して見れない状態でした。

Netflix以外の動画サイトだとAmazonプライムとTSUTAYAで、

映画イットは配信しています。

 

TSUTAYAの方がポイント利用で無料視聴できて、

初回利用者なら30日間は無料で利用できるので使ってみては。

 

映画イットのあらすじ・Netflix

“それ”は、ある日突然現れる。一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。

しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中・・・・・・何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが・・・。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

イットの公式

タイトルとURLをコピーしました