【髭が濃くなる・薄くなる食べ物】食や生活習慣からのアプローチ

Uncategorized

普段食べている物の中で、髭が濃くなる食べ物・薄くなる食べ物があるのを知っていますか。

私自身も髭が濃い部類の人間で、青髭などにも大変悩んできました。

 

すぐに濃い髭を改善できる方法として、普段食べている物を変えるだけで、続けていると効果を得られた経験があります。

髭が濃くなる食べ物・薄くなる食べ物を調べてみたので、食生活から改善してみるのはどうでしょうか。

 

 

【髭が濃くなる・薄くなる食べ物】食や生活習慣からのアプローチ

まずは、髭が濃くなる食べ物を知って、普段の食事の中から意識して少しずつ食べる量を減らすことが大切です。

いきなり食べないという選択を取ると、ちょっとストレスに感じることがあるので、少しずつ減らしていくことをおすすめします。

 

髭が濃くなる食べ物の代表例

  • 肉類(特に赤身)
  • 牡蠣
  • にんにく
  • たまねぎ
  • ねぎ
  • 白米
  • パン
  • 麺類
  • お菓子

 

ヒゲが濃くなる食べ物:肉類

動物性のたんぱく質を多く含む「肉」。これは牛肉・豚肉・鶏肉すべて同じです。特に赤みのお肉は男性ホルモンを活性化させやすく、ヒゲを濃くするのを促進してしまいます。

男性であれば肉類を取りすぎている可能性が高いので、少し減らして摂取することをオススメします。

 

ヒゲが濃くなる食べ物:牡蠣

牡蠣は、体内の「テストステロン」という成分の分泌を促す作用があります。この「テストステロン」は亜鉛によって分泌が増えるので、「亜鉛」を含む食べ物は控えた方がいいです。牡蠣が特に多いといわれているのですが、他にも「煮干し」、「アジ」、「海藻類」などが挙げられます。

 

ヒゲが濃くなる食べ物:にんにく

にんにくは男性ホルモンを活性化する食べ物ですね。これは誰でも知っていると思います。にんにくの中の「アリシン」という成分が、体内のテストステロンの働きを強め男性ホルモンを増殖させてしまいます。

 

ヒゲが濃くなる食べ物:たまねぎ、ねぎ

たまねぎやネギも「テストステロン」を外に出さないよう作用するので、結果的に男性ホルモンが増えてしまいます。

 

ヒゲが濃くなる食べ物:白米・パン・麺類

白米、パン、麺類などの炭水化物は、GI値が高く髭が濃くなりやすいです。

GI値とは血糖値の上昇値を表した数値です。

GI値が高いほど、インスリンがたくさん分泌され男性ホルモンの増加に繋がります。GI値が低ければ、インスリンを抑えて男性ホルモンの増加を止めてくれます。

 

ヒゲが濃くなる食べ物:お菓子

お菓子もGI値が高い食べ物となります。炭水化物と同じ理由で男性ホルモンを増やす要因となります。

 

髭が薄くなる食べ物の代表例

次に大事なのは、髭を薄くする食べ物を把握して、意識して普段の食事の中でも多く食べるようにしましょう。

髭を薄くする食べ物を食べすぎるのは良くないので、あくまでもバランスを考えて少し多めに、くらいで考えておくと良いです。

 

  • 納豆
  • 豆乳
  • ひじき
  • ホウレンソウ
  • 豆腐
  • きな粉
  • アボガド
  • アーモンド
  • 玄米
  • ヨーグルト
  • ブロッコリー

 

ヒゲを薄くするにはアルカリ性の食品を食べる

食品の酸性とアルカリ性は、燃やした後の灰を水に溶かし、そのpH(ペーハー)で判断します。0から14まであり、7が中性です。それより数値が大きければアルカリ性、小さければ酸性になります。必ずしも酸っぱい食品が酸性というわけではありません。レモンも梅干しもアルカリ性です。

昔は、人間の血液が弱アルカリ性なので、酸性食品を摂り過ぎると良くないといわれてきました。ですが、人間の血液は酸性食品を摂り過ぎても、弱アルカリ性に中和されるので、現在ではそれほど重視されていません。

ただし、中和するために骨を溶かしてアルカリ性にするため、骨が脆くなったり、尿酸値が高くなったりするなどの影響はあります。

あくまでもバランスを意識して食べるようにしましょう。

 

アルカリ性の食品は野菜や果物、きのこ類、海藻、大豆

いずれもビタミンやミネラルを豊富に含み、体調やホルモンバランスを整える上で欠かせません。特に大豆は「イソフラボン」という女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれています。

ヒゲを薄くしたいときに不足していると感じたら、積極的に摂ると良いでしょう。

 

酸性の食材はヒゲの成長スピードを上げる・濃くなる

一方で、酸性の食品はリンや硫黄、塩素を含んでいます。該当するのは肉や魚、砂糖、卵、穀類などです。インスタント食品にもリンが含まれています。

酸性である以前に、これらの食品の大半はカロリーが高く、脂肪も豊富です。インスタント食品は塩分も摂り過ぎになります。食べ過ぎると、ホルモンバランスが乱れるだけでなく、体にも良くありません。

もちろん、肉や魚、卵は筋肉や肌を作るタンパク質が含まれており、砂糖や穀類はエネルギー源になりますから、極端に控えるのはNGです。ヒゲを薄くしたいときに摂り過ぎていると感じるなら、量を見直したほうが良いでしょう。

 

生活習慣を見直すと髭にも影響がある

ヒゲを濃くする原因の一つが「ホルモンバランスの乱れ」です。

性別を問わず、体の中には男性ホルモンと女性ホルモンが混在しており、普段はバランスを保っています。けれども、生活習慣によってホルモンバランスが乱れてしまうと、男性ホルモンが優位になってしまい、ヒゲが濃くなるというわけです。

もし、生活のリズムが乱れているのであれば、早寝早起きを心がけてみましょう。特に夜遅くまで起きて睡眠不足になると、男性ホルモンが優位になりがちです。女性ホルモンは睡眠中に分泌が促されます。仕事の都合で早寝早起きが難しい場合は、最低でも6時間以上の睡眠を確保したいところです。

 

定期的なストレス解消も大事

ストレスも同じくホルモンバランスを乱します。適度に発散できるよう、体を休めたり、気分転換をしたりしましょう。運動もストレス発散になりますが、筋トレは男性ホルモンの分泌を促すため、ヒゲを薄くしたいなら避けたほうが無難です。

タバコを吸うのも、男性ホルモンを刺激してホルモンバランスを乱します。さらに、ニコチンをはじめとする有害物質によって、肌の調子も悪くなってしまうので、ヒゲを剃った後の顔が汚らしく見えてしまうのもデメリットです。タバコをやめるだけで、ヒゲが薄くなるだけでなく、見た目の印象が大きく変わることもあります。

 

紫外線対策をして髭が濃くなるのを防ぐ

もう一つ、ヒゲを濃くする原因が「外部からの刺激」です。肌を保護するために、ヒゲを濃くして対抗します。

ヒゲを剃るのも刺激になりますが、それ以上に大きな刺激になるのが「紫外線」です。地球に届く紫外線には、UV-A波とUV-B波の2種類があり、前者は肌の真皮に到達して、ハリや弾力を失わせる原因になります。後者は肌の表面で作用して炎症や色素沈着を起こす原因です。細胞やDNAを傷つける恐れもあります。

実際に、オーストラリアにあるサザンクイーンズランド大学のアルフィオ・パリシ教授は、皮膚がんの研究にともなう実験の中で、ヒゲが紫外線の50~95%をブロックできることを証明しました。

ヒゲを薄くしたいのであれば、普段から日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラス、マスクを身につけたりするなどして、紫外線対策をしましょう。紫外線は太陽が雲に遮られているときも、地表に到達します。ちょっとした外出でも対策は欠かせません。

同様に、ヒゲにはホコリや花粉といったアレルゲンをブロックしたり、冷えを防いでくれたりする役割があります。アレルゲンにはマスク、冷えにはマフラーといった具合に代替手段を用意すると、ヒゲが薄くなるのを期待できるでしょう。

 

髭が濃くなる・薄くなる食べ物まとめ

髭が濃くなる食べ物

  • 肉類(特に赤身)
  • 牡蠣
  • にんにく
  • たまねぎ
  • ねぎ
  • 白米
  • パン
  • 麺類
  • お菓子

 

髭を薄くする食べ物

  • 納豆
  • 豆乳
  • ひじき
  • ホウレンソウ
  • 豆腐
  • きな粉
  • アボガド
  • アーモンド
  • 玄米
  • ヨーグルト
  • ブロッコリー

 

普段の食生活の中で食べる物を意識するだけでも、髭の成長速度を大きく変えることはできます。

食べ過ぎによる栄養の偏りは、健康を害することもあるので、あくまでもバランスを考えて少しずつ変えてみると良いでしょう。

 

とはいっても、急激に劇的に変化するわけではなく、数カ月ほどの時間が必要になります。

すぐにでも髭を薄くしたいと思っている方には、永久脱毛をおすすめします。

 

最近では髭を脱毛する男性が急激に増えていて、男性も脱毛するのが当たり前の時代になってきました。別の記事でも紹介しているので、気になった方は参考までに覗いてみてください。

 

脱毛が一番早くて経済的