青髭は女受けが最悪でモテない⁉清潔感がないから嫌われるの?

Uncategorized

口の周りから顎にかけて肌が青く見える青髭は、女性から見てどのような印象を持たれるのでしょうか。

青髭になりやすい人となりにくい人はいますが、髭を剃ってもすぐに青髭になるため、対処法に困っている人も少なくありません。

そこで、青髭ができる原因や女性から見た青髭の印象、清潔感などについて調べてみました。

 

 

青髭は女受けが最悪でモテない⁉清潔感がないから嫌われるの?

 

青髭ができる原因は?

出典:メンズリゼ

青髭は、男性の鼻の下や顎など、ヒゲができやすい箇所の肌が青っぽく見える状態を指しています。

そもそも、なぜ青髭ができるのかというと、皮膚の下で残っているヒゲが肌を通して透けて見えるようになるためです。肌の表面から出ているヒゲを剃るだけでは青髭の対策としては不十分ですし、肌の奥なので対処法が少なく、悩まされる人は少なくありません。

ヒゲが生えるのが早い人は、朝しっかりヒゲを深剃りした場合でも、夕方になるとヒゲが伸びて青髭が目立つようになりますので、毎日悩むことになるでしょう。

 

とはいえ、ヒゲが肌の奥に残っていても青髭になる人とならない人がいます。基本的には、肌の色が白い人や皮膚が薄い人など、透けて見えやすい人ほど青髭が目立ちます。また、ヒゲが濃い人やヒゲが太い人はどうしても青髭になりやすいため、注意が必要です。

肌質やヒゲのタイプは遺伝や体質によるところもありますが、ストレスがたまると男性ホルモンの分泌量が増えてヒゲが濃くなりやすいといわれています。急にヒゲが濃くなってきたという場合には、まずはストレスの解消などの対策を検討するのも良いでしょう。

 

青髭を目立たなくすることもできる

また、ヒゲの剃り方によっても青髭を目立たなくすることは可能です。例えば、切れ味が悪いシェーバーを使うとムダ毛の断面が太くなったり、刺激を与えてヒゲが濃くなったりするケースがあります。

ヒゲを剃るときには蒸しタオルで毛穴を開いてヒゲを断ちやすくした状態で、シェービングクリームなどを使い、できるだけ刺激を与えないようにして深剃りしましょう。シェービング後はしっかり保湿することで、刺激を極力抑えてヒゲが濃くならないようにすることも可能です。

 

関連【夕方には生える方必見】髭が濃くならない剃り方を伝授します

 

青髭は女受けが悪くモテない!?

ヒゲに対する印象は、女性の中でも人によってずいぶん異なります。

好意的に受け取っている人からはきちんと整えられたヒゲが似合う人ならば、男らしさやダンディズム、色気を感じるという評価があります。中性的なタイプよりも、ダンディな男性やワイルドな男性がきちんとヒゲをはやしている方がより好印象です。

一方で、ヒゲに対して否定的な感覚を持っている人も少なくありません。主な意見としては、ヒゲが生えているとむさ苦しさや不潔さを感じる、老けて見えるなどが挙げられます。

このことから、必ずしもヒゲをはやしているからと言って女受けが悪いとは言い切れませんが、万人に高評価をされるわけでもないということが分かるでしょう。

 

似合っている髭なら女性からの印象も良い

ただし、ヒゲを許容する女性からしても、どんなヒゲでも印象が良いわけではありません。ヒゲを生やした男性の中でも、似合っている人、オシャレで清潔感がある人が好感を持たれる条件ですので、自分に似合ったヒゲのスタイルを探し、不潔に見えないようにきちんと整える必要があります。

一方で、どの女性からも評価されないのが無精髭や青髭です。無精髭は単に伸ばしっぱなしという印象が強く、オシャレで生やしているというよりは伸びるに任せて放置している男性と思われてしまいます。一方、青髭も手入れを怠っている、老けて見えるなどの印象が強く、女受けが悪くなりがちです。

いずれも女受けが悪く、出会いの場などに臨んでもモテない可能性が高いので、事前にきちんと対策を取っておきましょう。

 

青髭はマイナスのイメージが付きやすい

なお、一度青髭の状態を見られてしまうと、その時のマイナスイメージが付きまとってなかなか挽回する可能性は低いです。

青髭を放置しておくということは、身だしなみに気を使わない男性というイメージを定着させることにもつながりますので、見た目の問題だけでなく嫌われるケースも少なくありません。

こまめに剃るだけでなく、急な出会いの場にも対応できるように、コンシーラーやファンデーションなどの利用も検討しておくと、とっさの場でも青髭を隠すことはできるでしょう。

 

ヒゲに好意的な女性でも、青髭では女受けが悪いため、ヒゲを伸ばすか隠すかを選択しなければなりません。

伸ばす場合には、まず自分がヒゲの似合う顔立ちかどうかを確認します。童顔や中性的な顔立ち、色白の人はヒゲとの相性があまり良くないため、自分に似合うスタイルを考えるか、青髭にならないようにしっかり処理するようにしましょう。

一方、男性的な顔立ちの人、目鼻立ちがはっきりしている人、ある程度年齢を重ねた人は自分に似合う髭を見つけやすいです。形をきちんと整えること、濃くなりすぎないように狭い範囲で量を減らすことに留意しましょう。

 

青髭は清潔感がなく嫌われる?

青髭は女受けしないといわれていますが、実際には恋愛面だけでなく、同性からも悪い印象を持たれる恐れがあります。というのも、青髭があると清潔感を感じにくく、無精な性格を連想させるからです。

日本人は肌の色が薄いこともあり、青髭が目立ちやすい傾向にあります。体質によっては、しっかり手入れをしていても青髭になってしまう人も少なくありませんが、初対面の人やあまり親しくない人からすれば、体質や日ごろのケアについては理解が及ばないため、見た目の印象で清潔感がないと思われて損をしてしまうでしょう。

特に清潔感を重視するビジネスの世界においては、青髭が目立つ状態というのは厳禁です。

 

第一印象で清潔感がないと思われてしまう

なお、実際問題としてもヒゲがあるとない状態よりも衛生面での問題が生じやすいです。飲食で食物や飲み物がヒゲに付着することも多いですし、汚れたときにふき取るだけでは綺麗にしづらいという問題があります。

加えて、これらの汚れや汗、皮脂などを栄養分として、雑菌の繁殖につながることも少なくありません。青髭の状態でわずかにヒゲが肌から出ている場合でも、ほこりなどが付着すると取れにくく目立ちますし、雑菌による炎症や肌荒れのリスクは高まります。青髭に加えて肌荒れまで目立つようになってしまうと、第一印象からして嫌われる要因になりかねませんので注意しましょう。

 

普段から青髭が目立ってビジネスや人間関係で不利になってしまうという人は、脱毛を検討するのも一つの方法です。

肌の表面に出ている部分だけを処理する除毛や剃毛では青髭を防ぐことはできませんが、毛穴の奥までムダ毛を処理できる脱毛ならば、新しいムダ毛が生えにくくなるだけでなく、青髭になることもありません。

ヒゲ部分の脱毛だけならば数十分程度で1回分の施術が完了しますので、忙しい人でも気軽に通うことができます。青髭がなかなか改善されないという場合には、脱毛サロンやクリニックでカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

 

自分に合っている青髭対策を

 

このように、青髭の状態を放置しておくことは周囲からの印象を悪くするだけでなく、仕事や人間関係においても影響を及ぼす可能性があります。

普段からのケアはもちろん、脱毛のような根本的な対策、ファンデーションなどの咄嗟の場合でも役立つ対策、自分に似合うヒゲのスタイル探しなど、改善する方法を探してみましょう。

 

関連:【夕方には生える方必見】髭が濃くならない剃り方を伝授します

 

関連:【髭が濃くなる・薄くなる食べ物】食や生活習慣からのアプローチ