テネットはNetflixで配信ある?無料で見れる配信サイトは?

洋画

Netflixで映画テネットを見ようと思ったんですが、

意外にもNetflixでテネットは配信終了して見れない状態でした。

 

なんとしても映画テネットを見たくなって

Netflix以外の配信サイトでも配信がないかを調べてみました。

 

調べてみた結果、映画テネットをお得に視聴できるのがあったので、

ここで見たい方へ紹介したいと思います。

 

テネットはNetflixで配信ある?無料で見れる配信サイトは?

映画『TENET テネット』スペシャル予告

残念ながらNetflixで映画テネットは配信終了して見れない状態でした。

Netflix以外の動画サイトでの配信がないかを見てみました。

 

Netflix他映画テネットを配信してる配信サイト

サービス 配信状況 無料トライアル
30日間
31日間
2週間
2週間
レンタル 30日間

※これは2021年3月の時点の配信状況です※

 

Netflix以外の動画サイトで映画テネットを配信してるのは、

AmazonプライムとTSUTAYAが配信していました。

 

Amazonプライムが有料のレンタル作品で課金が必要です。

 

TSUTAYAなら初回利用者に1,100円分のポイントと30日間の無料トライアルがもらえます。

このポイントを使えばテネットは無料で見れました。

 

無料トライアル中に解約した場合には料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日間無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

映画テネットの配信はNetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料トライアル
  • 映画・ドラマ・アニメ作品を豊富に配信
  • いつでも解約OK!
  • どのジャンルも配信数は国内トップクラス
  • テネットを無料視聴できる
  • スマホ・PC・タブレットOK

TSUTAYAでは映画テネットが無料視聴できます。

 

TSUTAYAには30日間の無料トライアルも用意されているので、

30日間以内なら無料で利用することができます。

 

映画・ドラマ・アニメ作品の配信数は国内でもトップクラスなので、

無料トライアル中にも映画テネット以外の作品も楽しめます。

 

TSUTAYAのサービス内容を試す意味でも、

無料トライアルを使って映画テネットを見てみると良いでしょう。

 

 

TSUTAYA30日間無料お試し

 

TSUTAYAで配信中の新作映画

  • ミッドウェイ
  • ミッドサマー
  • TENETテネット
  • ワンダーウーマン
  • スターウォーズ
  • JOKERジョーカー
  • アーカイヴ
  • ジョンウィック3
  • 魔女がいっぱい

 

TSUTAYAで配信中のクリストファー・ノーラン監督映画

  • インセプション
  • インターステラー
  • ダークナイト 全シリーズ
  • ダンケルク
  • マン・オブ・スティール
  • ロード・オブ・ザ・リング
  • プレステージ
  • バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
  • 他多数

この他にもTSUTAYAでは多くのアニメ・映画やドラマの配信を行っています。

見放題の作品も多いので、無料トライアル中にも無料で見ることができます。

 

TSUTAYAでは、Netflixなどでは配信してないアニメ作品や、

見放題の作品も多数扱っているので、見れるだけ楽しんで見るのも良いですね。

 

初回登録で1,100円分のポイントがもらえて、

ポイントを利用すれば新作の有料作品も無料視聴ができます。

 

TSUTAYA30日間無料お試し

 

Netflixで映画テネットの配信予定は?

Netflixで映画テネットの配信予定を調べたんですが、

いまのところNetflixでの配信終了して、次の配信予定はありませんでした。

 

Netflixにはリクエストできる機能があるので、

Netflixで映画テネットを見たい方は、リクエストしてみると良いでしょう。

Netflixのリクエストページ

 

映画テネットはNetflixで配信終了!見れない

残念ながらNetflixで映画テネットの配信終了して見れない状態でした。

Netflix以外の動画サイトだとAmazonプライムとTSUTAYAで、

映画テネットは配信しています。

 

TSUTAYAの方がポイント利用で無料視聴できて、

初回利用者なら30日間は無料で利用できるので使ってみては。

 

映画テネットのあらすじ・Netflix

映画『TENET テネット』予告

ウクライナ・キエフのオペラハウスにおいてテロ事件が発生。しかしこれは「プルトニウム241」を奪取したCIAスパイを暗殺するための偽装だった。彼を救出するため、ロシア人の協力のもと、CIA工作員の”主人公”(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は特殊部隊に混ざってオペラハウスに突入し、スパイの救出に成功するが、直後ロシア人たちに捕らえられてしまう。主人公はロシア人から拷問を受け、自決用の毒薬を飲む。

しかしそれは睡眠薬であり、目を覚ますと見知らぬ船にいた。そこでフェイ(マーティン・ドノヴァン)という男から、先の作戦は主人公の適性をはかるテストだったことを明かされる。洋上の風力発電所に潜伏して休息した主人公は船を乗り継ぎ、ある研究室へと案内される。そこで彼は弾痕から拳銃の中へと「逆行する弾丸」の存在を目の当たりにする。

通常兵器が未来を変えるのに対して、未来からもたらされた「逆行する兵器」は過去を変えるのだという。主人公はオペラハウスの作戦中に、壁の弾痕から弾丸が敵の体を貫いて銃口の中へと戻る不思議な現象を目撃していたが、それこそがまさに「逆行する弾丸」であった。オペラハウスで奪ったプルトニウムは未来人が作り出した時間を逆行させる装置「アルゴリズム」の1つで、9つに分解され未来から過去に保管された残りのアルゴリズムの存在を知ることになる。

弾丸の製造元からインドの武器商人の関与を疑った主人公はムンバイに赴き、協力者であるニール(ロバート・パティンソン)と共に武器商人サンジェイ・シンを襲って口を割らせようとするが、妻のプリヤこそが黒幕であった。プリヤから、在英ロシア人の武器商人アンドレイ・セイター(ケネス・ブラナー)が弾丸を「逆行」させるなど未来人と関与していることを知らされ、セイターの妻であるキャサリン”キャット”(エリザベス・デビッキ)と接触を図る。キャットは贋作師アレポの描いたゴヤの贋作の件で、セイターから脅されていた。

セイターは脅迫のネタとして、贋作と分かっていながらそれを落札していたのだった。その絵はノルウェー・オスロ空港の中にある美術品保管倉庫・フリーポートの貴重品庫に保管されていた。下調べの結果倉庫は厳重なセキュリティが売りだったが、火事などの災害となるとセキュリティが甘くなる弱点を見つける。主人公はニールやマヒアと共にジャンボジェット機を倉庫に衝突させ、その大騒ぎの隙をついて警備を突破し贋作を処分することを計画する。

フリーポートの一番奥へと侵入した主人公とニールは、銃撃戦の跡が残るガラスで隔てられた2つの部屋へと辿り着く。その先には左右二つの部屋をつなぐ回転ドアがあったが、中には誰もいなかった。しかし回転ドアが動きだすと、無人だった筈のところから防護マスクで覆面した兵士が2人同時に現れる。主人公と敵は格闘を繰り広げるが、ニール側の敵は一目散に逃げていく。主人公は戦いの中でドアから出現した敵は逆行状態で、敵が所有していた拳銃の弾丸は逆行しガラスにあった銃撃跡が消えていることに気づく。何とか敵を追い詰め尋問するもすんでのところで逃してしまう。

 

テネットTENETのキャスト

監督/脚本/製作:クリストファー・ノーラン 出演:ジョン・デイビッド・ワシントン ロバート・パティンソン エリザベス・デビッキ ケネス・ブラナー

 

テネットの公式サイト

 

タイトルとURLをコピーしました